競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

鳴門競艇場(徳島県)

鳴門競艇場の特徴(モーター・水質・干満差など)

鳴門競艇場のコース特徴や水面や水質
所在地 モーター 水質 干満差
徳島県 減音 淡水 なし
鳴門競艇場の図面

鳴門競艇場は、小鳴門海峡に面した競艇場。

水面を見てみると、幅は第1ターンマークのホーム側が45m、バック側が80mで、日本の競艇場の中でもかなり狭いのが、鳴門競艇場の特徴。水質は海水であり、潮の干満差は最大でも2m程。小鳴門海峡に面しているものの、防波堤が整備されていて、潮流の影響はほとんどない。そのためセンターコースからの全速戦が利きやすくなっている。

第1ターンマークは4mほどホーム側へふられているが、1コースの1着率は30%を超え、逆に6コースからの1着率は5%を下回っていることから、全国屈指のインの強い水面となっている。

センターからアウトコースにまくれる選手が入りそうなレースであれば、特に幅広い3連単の決着になりやすい傾向にある。舟券を購入するときは、5~6コースの選手であっても侮れないのが、この鳴門競艇場だ。