競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

多摩川競艇場(東京都)

多摩川競艇場の特徴(モーター・水質・干満差など)

多摩川競艇場のコース特徴や水面や水質
所在地 モーター 水質 干満差
東京都 減音 淡水 なし
多摩川競艇場の図面

多摩川競艇場は、多摩川土手の北側に位置する競艇場。かつて多摩川高原の砂利採取所であった場所をレース場に転用したものであり、水面はもちろん人工のプール。なお、この水は多摩川の水ではなく、第1ターンマーク側にある井戸からの水を使用している。

対岸に防風林が設置されていることから、水面は風の影響を受け難く荒れることが少ない。加えて、水質は淡水で非常に走りやすい水面となっているのが、多摩川競艇場の特徴である。またこれについては、「日本一の静水画」というニックネームが付けられている。これにより、ベテラン若手を問わず、全力で攻める傾向が強い上に、全速ターンで「逃げる・まくる」といった戦法が多くなっている。

センター勢による「まくり・まくり差し」が目立ち、逆に第2~6コースは、差しによる1着が極端に少ない。各コースの1着率は全国平均とほぼ一致しており、バランスの取れたコースとなっている。

総じて、3・4コースに注目して舟券を買うのが得策と言えるだろう。