競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

常滑競艇場(愛知県)

常滑競艇場の特徴(モーター・水質・干満差など)

常滑競艇場のコース特徴や水面や水質
所在地 モーター 水質 干満差
愛知県 減音 淡水 なし
常滑競艇場の図面

常滑競艇場は、1953年7月20日に開場した競艇場。競争水面は伊勢湾の水で、水質はもちろん海水。

水門が設けられており、前検日の干潮で締め切られて、レース時は海と遮断されているため、潮の満ち引きの影響は少なくなっている。夏は午後にもなると海側(西)から風、冬は北西の季節風が海を渡って吹き付け、共にスタンド方向からの風となり1年を通して、向かい風が吹きやすいというのが、常滑競艇上の特徴である。ただし、一般的には向かい風があればアウトコースがスタート時に有利に働くのだが、常滑競艇場の場合は外側のコースに行っても不利になるだけのため、枠なり進入になってしまうケースが多い。

伊勢湾から吹いてくる強風の影響によって、フライングの頻度が高いのもまた常滑競艇場の特徴の一つであり、競争水面西側には防風ネットが設置されている。

以前は「インが強い競艇場」として名が知られてた。これは水面が狭かったことにより、アウトの選手がスピードを出し切れなかったことが原因でもある。しかし、近年水面幅が拡張され、全国でも有数の広い水面となった。これにより、第1ターンマークがスタンド側に振られたことや近年のモンキーターン主流の全速戦で、他の場にも言えることではあるが、センターの勝率が上昇傾向にある。

ちなみに、常滑競艇場はインコースからの逃げが特に多いので、万舟券が出にくい部類の競艇場。すなわち比較的初心者が当てやすくなっているのだ。

  • メニュー一覧