競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

津競艇場(三重県)

津競艇場の特徴(モーター・水質・干満差など)

津競艇場のコース特徴や水面や水質
所在地 モーター 水質 干満差
三重県 減音 淡水 なし
津競艇場の図面

津競艇場は、1952年7月4日に開場した競艇場。競争水面はプールで、水面は海水もしくは海水に近い半淡水。

南北に縦長かつ南風の通り道となる伊勢湾に面しているため、夏場はその季節風に晒されて、特に冬場は鈴鹿山脈からの吹き降ろしをまともに受けてしまう。風速こそ5mほどだが、冬場には10m近くになるケースもある。強風が吹くと、水面コンディションは急激に悪くなってしまうため、東海地方の中で一番荒れる水面といわれている。これが津競艇場の特徴である。

1コースの成績は平均レベルで、2コースの成績は、突出して高いわけではないものの、全体的に平均よりやや上の結果であり、全国上位クラスである。また、4コースでは差しの割合が高めで、5コースでは捲り差しの割合が非常に高くなっている。

総じて、波の高さよりも風の強さを見ることが当選への近道となる。