競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

篠崎元志選手(福岡)

篠崎元志選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


篠崎 元志選手選手
(しのざき もとし)

級別A1級
登録番号4350
身長169cm
体重52kg
支部福岡
登録期96期
勝率 2連対率 3連対立
7.29 54.70% 69.47%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
1回 0.18 1回

篠崎元志選手は、福岡支部に所属するA1級の競艇選手。同期には新田雄史選手、魚谷香織選手、平本真之選手、師匠に白水雅也選手らがいる。また、実弟は同じくボートレーサーの篠崎仁志選手。メディアでは「艇界のイケメン」と紹介されることが多い。

2005年5月7日に若松競艇場でデビューし、同年8月11日に若松競艇場での一般戦にてデビュー43走目にして初勝利。

2007年5月に若松競艇場で開催された「スポーツニッポン杯争奪 GW特選」にて初優勝を飾った。なお、優勝するまではダッシュ1本であり、この優勝戦においても3号艇ながら5コースであった。G1は2008年の新鋭王座決定戦で初出場し、2日目に水神祭をあげた。同年後期に級別によりA1級に昇格した。

2008年9月に開催された福岡チャンピオンカップで周年記念初出場し、節間114214の成績で、準優勝戦に2号艇で進出し、結果は6着。

2011年10月にびわこ周年記念で2コースから差しを決めてG1初優勝し、翌年4月の平和島周年記念で4コースから差しを決めて2度目のG1栄冠を手にした。

2012年12月の住之江賞金王シリーズ戦で予選トップからの優出で、1コースからの逃げでSG初制覇した。しかしその翌年9月にSGモーターボート記念競走優勝戦でスタート事故を起こし、翌年2014年の同競走までSG競争を受けてしまう。

2015年にモーターボート記念競走(ボートレースメモリアル)で2度目のSG優勝、さらに初の正規SGを優勝した。これにより、「賞金王シリーズ戦でSG初優勝した選手はSGをV2出来ない」というジンクスを打破した。

篠崎元志選手は、全速ターンを武器とし、高勝率をマークしており、どのコースからでも勝負できる高度なテクニックを持っており、スピード勝負も得意とした「新世代ターン巧者」の一人でもある。是非注目しておきたい。

篠崎元志選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2017年10月24日

29日
平和島 第64回ボートレースダービー
2017年11月2日

7日
児島 G1児島キングカップ
開設65周年記念競走
2017年11月11日

16日
福岡 G1福岡チャンピオンカップ
開設64周年記念競走
2017年12月6日

12月11日
芦屋 G1全日本王座決定戦
開設65周年記念