競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

石野貴之選手(大阪)

石野貴之選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


石野貴之選手選手
(いしの たかゆき)

級別A1級
登録番号4168
身長165cm
体重51kg
支部大阪
登録期90期
勝率 2連対率 3連対立
7.32 50.50% 70.10%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
2回 0.17 0回

石野貴之選手は、大阪支部に所属するA1級の競艇選手。師匠に原田智和選手、弟子に大原由子元選手、浜本裕己選手がいる。

2002年5月10日に住之江競艇場で開催された「第39回スポニチ杯争奪なにわ賞」の第3レース(4着)にてデビューを果たす。同年6月19日の同場で開催された「第38回報知新聞社賞ダイナミック敢闘旗」5日目の第1レースにて初勝利(第24走目)を挙げた。

2003年10月16日に宮島競艇場で開催された「新鋭リーグ第19戦」で初優勝を果たし、2005年5月25日にSG初出場する。

2007年1月28日に大村競艇場で開催された「G1第21回共同通信社杯新鋭王座決定戦競走」でG1初優勝、2010年7月19日に丸亀競艇場で開催された「SG第15回オーシャンカップ」でSG初優勝を果たした。その後もコンスタンスにSG、G1競走それぞれにおいてタイトルを獲得している。

2011年のMB記念優勝戦でフライングを犯し、翌年の同大会までSG競走の出場権が剥奪されてしまう。

2017年3月29日に江戸川競艇場にて開催された「ダイヤモンドカップ」の優勝戦にて、4コースからカドまくりを決め、初のG1制覇(優出13回目)を果たした。

データで見てみると、石野貴之選手は、インコースからセンターコースにかけて3連対率がよい。平均スタートタイミングが0.17と遅めだが、SG競走においてかなりの高確率で準優勝戦に名前を連ねている。着順を3位以内にまとめてくる力が高く、いかなる競走、いかなるコースからでも絡んでくることが期待できる。

石野貴之選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2017年11月4日

9日
蒲郡 G1ダイヤモンドカップ