競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

村田修次選手(東京)

村田修次選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


村田 修次選手
(むらた しゅうじ)

級別A1級
登録番号3826
身長166cm
体重53kg
支部東京
登録期78期
勝率 2連対率 3連対立
6.59 48.70% 65.04%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
0.17 1回

村田修次選手は、東京支部に所属するA1級の競艇選手。

1996年5月にデビューし、1999年に平和島競艇場での一般戦で初優勝を果たす。

2004年に若松競艇場にて開催された「第9回オーシャンカップ」でSG初出場した。8月1日の準優勝戦の第11レースでは西田靖選手のフライングがあったものの、5コースから展開をとらえまくり差しを決め、SG初優出となった。8月2日の優勝戦12Rは1号艇だったものの、田村隆信のまくり強襲にあって5着で終わった。

2005年11月2日に平和島競艇場での一般戦で9戦9勝の完全優勝を達成した。

2007年9月24日に多摩川競艇場で開催された「G1ウェイキーカップ開設53周年記念」で、G1初優勝を飾った。

2017年4月30日に住之江競艇場で開催された「サンケイスポーツ旗争奪飛龍賞競走」、同年7月20日に鳴門競艇場で開催された「ボートピア土佐開設21周年記念競走」の両方で優勝を果たす。

村田修次選手は、まくり差しや差し、抜きなど様々決まり手を用いてくる。平均スタートタイミングは0.17で、平均より遅いスタートタイミングとなっている。毎年一般戦においてコンスタンスに優勝しているものの、G1レースにおける優勝経験は前述の2007年9月の1回きりとなっている。

村田修次選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2017年12月13日

18日
徳山 BP呉開設25周年記念
yab山口朝日放送杯争奪戦
2017年12月24日

29日
江戸川 第40回京葉賞
トータリゼータエンジニアリング杯