競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

作間章選手(東京)

作間章選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


作間 章選手
(さくま あきら)

級別A1級
登録番号3966
身長170cm
体重52kg
支部東京
登録期82期
勝率 2連対率 3連対立
6.56 44.40% 65.27%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
0.19 0回

作間章選手は、東京支部に所属するA1級の競艇選手。師匠は石渡鉄兵選手で、同期に赤岩善生選手、中澤和志選手、横澤剛治選手、坪井康晴選手、菊地孝平選手らがいる。

1998年5月9日に平和島競艇場で開催された「第12回関東日刊紙競艇記者クラブ杯争奪レース」第1レースで初出走し、初勝利を果たす。

2002年8月23日に江戸川競艇場で開催された「第25回大江戸賞競走」で初優勝を果たす。同年11月12日に同じく江戸川競艇場で開催された「第27回デイリースポーツ杯争奪戦競走」でも4号艇で4コースから差しを決め優勝した。

2003年1月28日に丸亀競艇場で開催された「G1第17回新鋭王座決定戦競走」でG1初出走し、31日の第9レースでG1初勝利を飾った。

2005年12月23日に住之江競艇場での「SG第20回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦」でSG初出場し、優出3着の快挙を成し遂げた。

2008年には、浜名湖競艇場での「第11回競艇王チャレンジカップ」で優出している。

2015年1月17日に若松競艇場で開催された「中間市行橋市競艇組合施行45周年記念競走」で通算1000勝を達成した。

作間章選手は、平均スタートタイミングが0.19と遅めのスタートタイミングとなっているが、スタート事故が少ないほうなので、スタートに慎重なタイプと見られる。一般戦での優勝は毎年コンスタンスに決めているが、G1やSGレースでの優勝は今のところ一度もない。

データで見てみると、作間章選手は、第1コースの3連対率が84.4%であり、第6コースの3連対率が25.0%と、インコースが強いことが分かる。

作間章選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2017年11月17日

20日
常滑 スカパー!・第19回JLC杯争奪戦/tr>
2017年11月28日

12月3日
桐生 第2回BOATBOYカップ・3支部ガチ対決シリーズ
2017年12月10日

15日
唐津 九州スポーツ杯
2017年12月24日

29日
江戸川 第40回京葉賞
トータリゼータエンジニアリング杯
2018年1月24日

29日
唐津 G1全日本王者決定戦
開設64周年記念