競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

井口佳典選手(三重)

井口佳典選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


井口佳典選手
(いぐち よしのり)

級別A1級
登録番号4024/td>
身長167cm
体重54kg
支部三重
登録期85期
勝率 2連対率 3連対立
7.44 48.70% 61.98%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
3回 0.14 0回

井口佳典選手は、三重支部に所属するA1級の競艇選手。弟子に新田雄史選手、平田健之佑選手がおり、師匠は元競艇選手の森岡正博選手で、妻は同じく元競艇選手の新田真弓選手。

1999年11月17日に津競艇場で開催された一般競走でデビューを果たし、翌年の3月12日に三国競艇場で開催された一般競走で初勝利

2001年12月17日に平和島競艇場で開催された一般競走で初優出し、翌年の2月17日に若松競艇場で開催された一般競走で初優勝

2003年1月28日に丸亀競艇場で開催された「第17回新鋭王座決定戦」でG1初出走をし、2006年1月29日に唐津競艇場で開催された「第20回新鋭王座決定戦」でG1初優出。同年3月30日に住之江競艇場で開催された「開設49周年記念 太閤賞」でG1初優勝を飾った。

2007年12月、福岡競艇場において開催された「第22回賞金王決定戦」に出場し、初出場ながら決定戦に進出。しかし、スタート直後に同期の湯川浩司と絡み合う形でエンスト失格(選責外)となる。

2008年6月1日に平和島競艇場で開催された「第35回笹川賞」で自身初となるSG制覇を果たす。

2014年8月30日に若松競艇場で開催された「第60回モーターボート記念」にて通算1000勝を達成した。

2014年3月22日に徳山競艇場で開催された一般戦、5日目の第12レース準優勝戦に勝利し、通算2500勝を達成

井口佳典選手は、平均スタートタイミングは0.14と平均より早く、フライングを恐れないそのスタート度胸から「ブチ込み王子」と呼ばれることがある。勝率も高く、2017年11月現在でSGで5勝、G1で13勝と決して見逃せない選手の一人である。

井口佳典選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2017年12月6日

12月11日
芦屋 G1全日本王座決定戦
開設65周年記念
2017年12月29日

2018年1月3
伊勢新聞社新春レース
2018年1月18日

23日
平和島 G1開設63周年記念トーキョー・ベイ・カップ
2018年1月30日

2月4日
徳山 G1徳山クラウン争奪戦
開設64周年記念競走