競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

赤岩善生選手(愛知)

赤岩善生選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


赤岩善生選手
(あかいわ よしお)

級別A1級
登録番号3946/td>
身長168cm
体重57kg
支部愛知
登録期82期
勝率 2連対率 3連対立
7.59 53.00% 72.83%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
1回 0.12 0回

赤岩善生選手は、愛知支部に所属するA1級の競艇選手。同期に坪井康晴選手、菊地孝平選手らがいる。弟子は宇野弥生選手。

1998年5月15日に常滑競艇場でデビューし、翌年12月5日に下関競艇場で開催された一般競走で初優勝を飾った。

2004年11月16日に丸亀競艇場での「新鋭リーグ」の第21戦で完全優勝

2006年12月24日に住之江競艇場で開催された賞金王シリーズ戦で初のSG制覇を果たし、2009年12月15日に下関競艇場で開催された「G1モーターボート大賞」で初のG1制覇

2010年8月1日に戸田競艇場で開催された一般競走の優勝戦でデビューわずか12年2ヶ月と17日という短期間で通算1000勝達成した。

赤岩善生選手は、格闘技に長けており、長年続けてきた空手の他、銃剣道・柔道でも有段者でもある。格闘技で培ってきた「心技体」や礼儀を競艇でも発揮しており、「心技体」の中でも特に「心」を重要視している。競艇では、蒲郡競艇場での強さは他を圧倒しており、2011年12月のG1競走「東海地区選」 から2012年8月の一般戦まで5節連続優勝を果たした。これは2011年7月の「SGオーシャンカップ」の優勝戦2着から始まっている(2012年10月のGIIIキリンカップ優勝戦5着で途絶えた)。

赤岩善生選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2017年12月27日

2018年1月1日
蒲郡 中日スポーツ杯争奪
新春特別覇者決定戦

赤岩善生選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


赤岩善生選手
(あかいわ よしお)

級別A1級
登録番号3946/td>
身長168cm
体重57kg
支部愛知
登録期82期
勝率 2連対率 3連対立
7.59 53.00% 72.83%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
1回 0.12 0回

赤岩善生選手は、愛知支部に所属するA1級の競艇選手。同期に坪井康晴選手、菊地孝平選手らがいる。弟子は宇野弥生選手。

1998年5月15日に常滑競艇場でデビューし、翌年12月5日に下関競艇場で開催された一般競走で初優勝を飾った。

2004年11月16日に丸亀競艇場での「新鋭リーグ」の第21戦で完全優勝

2006年12月24日に住之江競艇場で開催された賞金王シリーズ戦で初のSG制覇を果たし、2009年12月15日に下関競艇場で開催された「G1モーターボート大賞」で初のG1制覇

2010年8月1日に戸田競艇場で開催された一般競走の優勝戦でデビューわずか12年2ヶ月と17日という短期間で通算1000勝達成した。

赤岩善生選手は、格闘技に長けており、長年続けてきた空手の他、銃剣道・柔道でも有段者でもある。格闘技で培ってきた「心技体」や礼儀を競艇でも発揮しており、「心技体」の中でも特に「心」を重要視している。競艇では、蒲郡競艇場での強さは他を圧倒しており、2011年12月のG1競走「東海地区選」 から2012年8月の一般戦まで5節連続優勝を果たした。これは2011年7月の「SGオーシャンカップ」の優勝戦2着から始まっている(2012年10月のGIIIキリンカップ優勝戦5着で途絶えた)。

赤岩善生選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2017年12月27日

2018年1月1日
蒲郡 中日スポーツ杯争奪
新春特別覇者決定戦
※ナイター競走
2018年1月11日

15日
桐生 第24回桐生タイムス杯
※ナイター競走
  • メニュー一覧