競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

魚谷香織選手(福岡)

魚谷香織選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


魚谷香織選手
(うおたに かおり)

級別A2級
登録番号4347
身長154cm
体重45kg
支部山口→福岡
登録期96期
勝率 2連対率 3連対立
6.57 43.40% 65.78%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
0回 0.17 0回

魚谷香織選手は、福岡支部に所属するA2級の競艇選手。同期には平本真之選手・新田雄史選手・篠崎元志選手がいる。また、山口支部時代の師匠は原田篤志選手、福岡支部での弟子に小池礼乃選手らがいる。

2005年5月14日に徳山競艇場での一般戦でデビュー(5着)を果たし、翌月11日に児島競艇場での一般戦で6コースからの捲りでデビュー初優勝(13走目)をし、2007年7月10日に芦屋競艇場での「西スポ杯争奪七夕特選レース」で初優出(5着)を飾った。

2008年3月4日に津競艇場で行われた「JAL女子王座決定戦競走」でG1初出場をし、1日目の第1レースでG1初勝利。

2009年1月に徳山競艇場の地区スター候補生に選出され、同年6月には新設されたスター選手育成制度の下で、地区スター候補および徳山競艇場の地元スター候補に選出。また7月には、勝率6.59の成績によりA1級に初昇級。

2010年11月5日に青木幸太郎選手(登録番号4314)と入籍し、それまで所属していた山口支部から福岡支部へ移籍した。

2011年9月に鳴門競艇場で行われたG1大渦大賞を途中で帰郷し、同年秋より産休に入る。これに伴い出走回数不足となり、2012年前期よりA2級に降格。同年11月1日に住之江競艇場での「2012モーターボートレディスカップ」で復帰し、復帰初戦で優勝戦進出を果たした。

魚谷香織選手は、全速戦を得意としており、「3コースからの捲りもしくは捲り差しという展開が好き」と語っており、同時に「より旋回技術が必要とされる「差し」が課題点」とも言っている。

進入は基本的に枠なりで、多少のコース前後はするものの、強引な前づけや内寄りのコースを積極的に狙ってくると言った事例は基本的に見られない。平均スタートタイミングは0.17と他の選手と比べやや遅めではあるが、それと比例してスタート事故は比較的に少ないため、スタートを苦にするタイプではない。

魚谷香織選手の今後出場予定のレースタイトル

※2017年10月現在なし