競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

毒島誠選手(群馬)

毒島誠選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


毒島誠選手
(ぶすじままこと)

級別A1級
登録番号4238
身長163cm
体重53kg
支部群馬
登録期92期
勝率 2連対率 3連対立
8.33 58.60% 76.03%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
4回 0.14 0回

毒島誠選手は、群馬支部に所属するA1級の競艇選手。同期に吉川喜継選手、大峯豊選手、安達裕樹選手らがいる。師匠は江口晃生選手、妻は池田幸美元選手、弟子は伊久間陽優選手。桐生順平選手や茅原悠紀選手と共に若手実力者グループ「ニュージェネレーション」の一員とみなされている。

毒島誠選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)時代にリーグ戦勝率5.83(準優出2回・優出1回・優勝1回)の成績を残した。卒業後、2003年5月9日に桐生競艇場でデビューを果たした。

2003年7月20日に多摩川競艇場で開催された一般競走初日の1Rで、6コースから捲りを決めて初勝利を飾った。

2006年9月27日に鳴門競艇場で開催された「第18回鳴門市長杯競走」で、5コースから捲り差しを決めて初優勝を飾った。

2007年1月23日に大村競艇場で開催された「共同通信社杯 第21回新鋭王座決定戦」初日の5RでG1初出走し、同節4日目の7Rで3コースから捲りを決めてG1初勝利を飾った。

2010年1月24日に浜名湖競艇場で開催された「共同通信社杯 第24回新鋭王座決定戦」で、3コースから抜きを決めてG1初優勝を飾った。

2010年5月25日に浜名湖競艇場で開催された「第37回笹川賞」初日の1RでSG初出走し、7月14日に丸亀競艇場で開催された「第15回オーシャンカップ競走」初日の3Rで3コースから捲り差しを決めてSG初勝利を飾った。

2013年9月1日に丸亀競艇場で開催された「第59回モーターボート記念競走」で、イン逃げを決めてSG初優勝を飾った。

2018年7月23日に平和島競艇場で開催された「開設64周年記念 トーキョー・ベイ・カップ競走」4日目の10Rで、4コースから捲り差しを決めて通算1,000勝を達成した。

毒島誠選手は、「スーパーピット離れ」によるインコース取りや、全国でもトップクラスのターンスピードによる全速つけまいを特徴としている。

基本的に枠なり進入で、どのコースからの登場でも1着を狙える実力を持っており、1周1Mを抜けた後の道中でも順位を上げていける実力を兼ね備えているため、高頻度で3連単に絡んでくる。

毒島誠選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2019年7月10日

15日
常滑 第24回オーシャンカップ
2019年7月20日

24日
若松 西日本スポーツ杯
※ナイター
2019年8月1日

6日
びわこ 開設67周年記念 びわこ大賞
2019年8月27日

9月1日
大村 第65回ボートレースメモリアル
※ナイター