競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

川上剛選手(福岡)

川上剛選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


川上剛選手
(かわかみつよし)

級別A1級
登録番号4189
身長168cm
体重56kg
支部福岡
登録期91期
勝率 2連対率 3連対立
6.38 43.60% 61.04%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
0回 0.16 0回

川上剛選手は、福岡支部に所属するA1級の競艇選手。同期に長嶋万記選手、山口剛選手らがいる。

川上剛選手は、2002年11月15日に芦屋競艇場で開催された「JLC日本レジャーチャレンジ杯競走」初日の2Rでデビューし、2003年4月25日に福岡競艇場で開催された「西日本スポーツ杯争奪戦」2日目の1Rで、6コースから捲り差しを決めて初勝利を飾った。

2005年10月10日に下関競艇場で開催された一般競走で、4コースから差しを決めて初優勝を飾った。

2005年10月14日に鳴門競艇場で開催された「ダイヤモンドカップ」5日目の1RでG1初出走し、2006年2月11日に大村競艇場で開催された「第52回九州地区選手権競走」3日目の4Rでイン逃げを決めてG1初勝利を飾った。

2009年8月25日に丸亀競艇場で開催された「第55回モーターボート記念競走」初日の1RでSG初出走し、同節3日目の7Rでイン逃げを決めてSG初勝利を飾った。

2015年2月3日に唐津競艇場で開催された「九州地区選手権」で、イン逃げを決めてG1初優勝を飾った。

2018年3月4日に大村競艇場で開催された「公営レーシングプレスカップ」3日目の1Rで、イン逃げを決めて通算1,000勝を達成した。

川上剛選手は、平均スタートタイミングが0.18と遅いものの、スタート事故は極めて少なく、スタートに慎重なタイプの競艇選手である。まだ、SG競走での優勝歴はないものの、一般競走では常に優勝候補に名が挙がっている。どのコースから登場しても連に絡むが、3コースと6コースの時だけ勝ち切れない状態にある。

川上剛選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2019年8月13日

8月18日
芦屋 九スポ杯争奪オール九州選抜戦
※モーニング
2019年8月26日

31日
江戸川 第28回アサヒビールカップ
2019年9月6日

9日
常滑 創業98年印刷の誠進社杯
2019年9月15日

20日
唐津 スポーツ報知杯
※モーニング