競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

濱野谷憲吾選手(東京)

濱野谷憲吾選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


濱野谷憲吾選手
(はまのや けんご)

級別A1級
登録番号3590
身長169cm
体重57kg
支部東京
登録期70期
勝率 2連対率 3連対立
7.24 55.70% 68.70%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
2回 0.15 0回

濱野谷憲吾選手は、東京支部に所属するA1級の競艇選手。同期には大神康司選手、山下和彦選手、木村光宏選手、前本泰和選手、白水勝也選手、新井亨選手、西村勝選手らがいる。ニックネームは松永良一氏が名付けた「ヘマキング」や「ムテキング」の他に、「(初代)東都のエース」「(水上の)ファンタジスタ」がある。河合克敏氏の漫画作品『モンキーターン』の主人公・波多野憲二のイメージモデルとして知られている。

高校卒業後に本栖研修所に入所し、終了後の1992年5月19日に平和島競艇場にて70期生としてデビュー。デビュー2走目にして初勝利を飾った。翌1993年9月23日に戸田競艇場で開催された一般競走で初優勝を飾った。

順調に成績は上昇傾向にあったが、優勝戦を勝ち切れない時期が続いていた。優勝戦25連敗で迎えた1996年5月6日に平和島競艇場で開催された一般競走で2度目の優勝を飾った。ここから巻き返すかのように1996年はこれ以降の3節連続で優勝したのを始め7優勝の固め打ちをした。この活躍から10月に福岡競艇場で開催された「第43回全日本選手権競走」で遂にSG初出場を果たす。しかし、10月9日の4Rと7Rとで1日に2回も転覆して失格となってしまった。

1997年9月11日に桐生競艇場で開催された「開設41周年記念 赤城雷神杯」でG1初優勝、1998年10月11日に福岡競艇場で開催された「第45回全日本選手権競走」でSG初優勝を飾った。

2000年に「競艇王チャレンジカップ競走」(住之江競艇場)、2001年に「賞金王シリーズ戦」(住之江競艇場)と2つのSG競走を優勝するなど、競艇界トップクラスの活躍を見せていたが、2002年から2004年にかけて記念優勝戦17連敗という時期があった。2004年3月14日に三国競艇場で開催された「開設50周年記念 北陸艇王決戦」で約3年ぶりのG1優勝を飾った。これを皮切りに、2005年にはG1競走を4回、2006年にはG1競走を2回優勝し、コンスタンスにG1優勝を重ねていった。

2007年に平和島競艇場で開催された「総理大臣杯競走」で優勝し、地元でのSG優勝を果たすこととなった。同年6月18日には津競艇場で開催された「開設55周年記念 つつじ賞王座決定戦」3日目の7Rでデビュー通算1000勝を達成した。

濱野谷憲吾選手は賞金王争いの常連となっており、1998年から2006年にかけて年間獲得賞金1億円以上を達成していた。ちなみに2007年は9124万4500円と惜しくも下回ってしまった。

豪快スピードタウンが濱野谷憲吾選手の特徴となっており、ファンも多く存在する。また、濱野谷憲吾選手は操縦技術のみならず、大レースを戦うための整備能力も年々上達していて、山崎智也選手と共に関東のエースと呼ばれていた。近年ではSGやG1競走においては少々見劣りするものの、現在でもG1競走に出場している常連組の一人で、底力のある競艇選手である。

濱野谷憲吾選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2018年11月1日

6日
若松 読売新聞社杯G1全日本覇者決定戦
開設66周年記念
2018年11月10日

15日
鳴門 G1ダイヤモンドカップ
2018年12月4日

2018年12月9日/td>
三国 開設65周年記念
G1北陸艇王決戦