競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

白井英治選手(山口)

白井英治選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


白井英治選手
(しらい えいじ)

級別A1級
登録番号3897
身長173cm
体重54kg
支部山口
登録期80期
勝率 2連対率 3連対立
8.15 54.90% 77.47%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
2回 0.14 1回

白井英治選手は、山口支部に所属するA1級の競艇選手。同期には白石健選手、鎌田義選手、池田明美選手、平田忠則選手、香川素子選手、飯山晃三選手、重成一人選手らがいる。師匠は今村豊選手。

1997年6月13日に宮島競艇場での一般競走2日目の9Rで5コースからまくって初優勝を飾り、7月16日に福岡競艇場での「追い山特選レース」で初優出。1999年1月24日に蒲郡競艇場での一般競走で6コースから差して初優勝を飾った。

2003年10月7日に平和島競艇場で開催された「開設49周年記念 トーキョー・ベイ・カップ」でG1初優勝を飾った。その後も記念競走やSG競走の常連となり、幾度も優勝戦に進出したが惨敗が続いていた。これにより「無冠の帝王」というニックネームが付いていた。

2010年の「第37回笹川賞」(浜名湖競艇場)の準優勝戦では、新田雄史選手を2コースから差し切って制したが、待機行動違反を取られて賞典除外となってしまい、優出に失敗してしまった。

2012年4月17日に大村競艇場で開催された「第60回海の王者決定戦」でイン逃げにより優勝。この年は年間最高勝率である8.32をマークし、名実ともにトップレーサーとなった。

2014年8月31日に若松競艇場で開催された「ボートレースメモリアル」にて、2コースからコンマ00の渾身のタッチスタートを決め、1コースの谷村一哉選手を捲って、14回目の優出にして13年目にして初のSG優勝を飾った。

2018年に徳山競艇場で64年ぶりのSG開催となった「第28回グランドチャンピオン」で、体重を51kgまで絞って予選2位で準優勝戦進出を成し遂げた。準優勝戦唯一のイン逃げを決め、優勝戦では1号艇に乗艇して、コンマ07のトップスタートを決めてイン逃げによって2回目のSG優勝を飾った。

白井英治選手は、すでにベテランの域に達した師匠の今村豊選手の後継者として、同支部の寺田祥選手と共に大きな期待をかけられている。師匠の今村豊選手譲りの巧みなハンドル捌きを得意としている。このことから「関門のホワイトシャーク」の異名を持っている。

ただし1コース以外のレース運びが苦手というわけではなく、巧みなレース捌きを見せつけ、あたかも自在戦のようなレース巧者としての一面を持っている。

現在でも高勝率をキープしており、賞金ランキングにおいても上位に顔をのぞかせているほか、SGやGⅠ競走でもコンスタンスに優勝や優出を重ねている。同じレースに参加する他5名の選手の組み合わせ次第ではあるものの、1コースから4コースまでに入ることができれば1着を獲れる可能性が考えられる。

白井英治選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2018年12月10日

15日
唐津 G1ダイヤモンドカップ