競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

石田政吾選手(福井)

石田政吾選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


石田政吾選手
(いしだ せいご)

級別A1級
登録番号3635
身長164cm
体重52kg
支部福井
登録期72期
勝率 2連対率 3連対立
6.45 53.70% 64.15%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
1回 0.17 1回

石田政吾選手は、福井支部に所属するA1級の競艇選手。同期に武田光史選手、一瀬明選手、淺田千亜希選手、本橋克洋選手らがいる。

2000年7月9日に常滑競艇場で開催された「開設47周年記念 マーメイドグランプリ」でG1初優勝し、翌2001年7月20日に尼崎競艇場で開催された「第6回オーシャンカップ競走」でSG初優勝を飾った。

2004年10月17日に住之江競艇場で開催された「高松宮記念特別競走」の優勝戦にて、6号艇展示6コースに入っていたのだが、本番で前づけして1コースに入ったことからスタート展示違反で返還欠場となった。これにより2007年8月まで住之江から石田政吾選手に対する斡旋がなかった。

2010年は5月13日に「キリンフリーカップ」(徳山競艇場)、6月6日に「中日カップ」(常滑競艇場)、7月19日に「サントリーカップ」(多摩川競艇場)、9月1日に「アサヒビールカップ」(芦屋競艇場)と4つの企業杯で優勝するなど優勝ラッシュの年となった。なお、企業杯年間4勝は史上初で、これは2001年に星野政彦選手が記録した年間3勝を更新する形となった。

2010年9月30日に住之江競艇場で開催された「高松宮記念特別競走」の8年ぶりかつ4回目のG1優勝を飾った。これにより6年前の汚名返上となった。さらに11月1日に常滑競艇場で開催された「開設57周年記念 トコタンキング決定戦」でも優勝しており、一般競走を含めて優勝回数が12回となり、1977年に彦坂郁雄元選手が達成して以来の快挙となった。

SGやG1競走における優勝歴は少ないものの、一般競走においてコンスタンスに優勝を重ねており、毎回のように優勝争いに絡んでくる。特にインコースに入った時は注目である。

齊藤仁選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2018年11月1日

6日
若松 読売新聞社杯G1全日本覇者決定戦
開設66周年記念
※ナイター競走
2018年11月20日

25日
戸田 関東専門紙カップ
2018年12月4日

9日
三国 開設65周年記念
北陸艇王決戦