競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

篠崎仁志選手(福岡)

篠崎仁志選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


篠崎仁志選手
(しのだ ひとし)

級別A1級
登録番号4477
身長167cm
体重54kg
支部福岡
登録期101期
勝率 2連対率 3連対立
7.41 51.20% 67.47%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
2回 0.14 0回

篠崎仁志選手は、福岡支部に所属するA1級の競艇選手。同期に片岡雅裕選手、平田健之佑選手、守屋美穂選手、櫻本あゆみ選手らがいる。兄は同じく競艇選手の篠崎元志選手。

篠崎仁志選手は、やまと競艇学校時代にリーグ戦勝率8.08を叩き出しており、準優出7回・優出6回、第7戦・第8戦優勝という成績を残し、卒業記念競走で優勝している。なお、リーグ戦勝率においても第1位と好成績。

2007年11月10日に福岡競艇場でデビューを果たしたが、転覆失格となった。翌2008年4月2日に大村競艇場で開催された「西スポ杯 大村桜祭り競走」の2Rで初勝利を挙げた。

2009年12月16日に徳山競艇場で開催された「携帯マクール杯 モーターボート大賞トライアル」で初優出を飾った。

2010年2月23日に徳山競艇場で開催された「モーターボート大賞」でG1初出場を果たした。9月28日に福岡競艇場で開催された「新鋭リーグ第16戦 植木通彦フェニックスカップ」で初優勝を飾った。

2012年8月5日に鳴門競艇場で開催された「第12回オロナミンCカップ」で企業杯初優勝を飾った。

2013年6月4日に尼崎競艇場で開催された「第61回尼崎センプルカップ」でG1初優出し、9月23日に桐生競艇場で開催された「共同通信社杯 第28回新鋭王座決定戦」でG1初優勝を飾った。なお、同競走は次年度より「ヤングダービー」が新設されることを受けて廃止されることが決定したため、篠崎仁志選手が同競走最後の優勝者となった。

2016年11月26日に大村競艇場で開催された「第19回競艇王チャレンジカップ」の準優勝戦で5コースから2着に入り、SG出場17回目および準優出9回目の挑戦にしてSG初優出となった。

2017年6月25日に鳴門競艇場で開催された「第27回グランドチャンピオン決定戦」で自身2回目のSG優出し、決勝戦では2着に入った。

デビューしてからしばらくの間は兄の篠崎元志選手に比べてインパクトのある活躍が出来ないでいたが、2013年の「新鋭王座決定戦」優勝以降は、本来の力が頭角を現し始め、コンスタンスにSG競走に出場するまでに活躍するようになった。どのコースからでも1着が狙える選手であり、今後の活躍が期待される。

篠崎仁志選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2018年11月1日

6日
若松 読売新聞社杯G1全日本覇者決定戦
開設66周年記念
※ナイター競走
2018年11月10日

15日
鳴門 G1ダイヤモンドカップ
2018年11月29日

12月4日
浜名湖 G1浜名湖賞開設65周年記念
2018年12月10日

15日
唐津 G1ダイヤモンドカップ