競艇マーケットは数多くの競艇予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです
口コミ 反映

市川哲也選手(広島)

市川哲也選手の特徴(勝率・2連対率・優出回数など)


市川哲也選手
(いちかわてつや)

級別A1級
登録番号3499
身長163cm
体重51kg
支部広島
登録期67期
勝率 2連対率 3連対立
6.88 53.20% 65.46%
優勝回数 平均スタートタイミング フライング回数
2回 0.14 0回

市川哲也選手は、広島支部に所属するA1級の競艇選手。同期に藤井徹選手、後藤浩選手、渡邉英児選手、池千夏選手らがいる。

市川哲也選手は、1990年にデビューし、1996年1月29日に下関競艇場で開催された「第10回新鋭王座決定戦競走」でG1初優勝し、2年後の1998年1月25日に宮島競艇場で開催された「第12回新鋭王座決定戦競走」でも優勝している。

1997年7月2日に尼崎競艇場で開催された「第7回グランドチャンピオン決定戦競走」でイン逃げを決めてSG初優勝を飾った。

2000年12月24日に平和島競艇場で開催された「第15回賞金王決定戦競走」で3コースから捲りを決めて初のグランプリ制覇を果たした。

2001年9月2日に多摩川競艇場で開催された「第47回モーターボート記念競走」で、予選・準優勝戦を6戦6勝で通過し、優勝戦は3号艇で登場して5コースカドから豪快なつけまいを決めてSG史上5人目の完全優勝を達成した。

市川哲也選手は、SG戦線から離れてしまっている印象を受けるが、未だにどのコースから登場しても舟券に絡む実力を持っている。1コースの3連対率が89.7%と最も高い数値をマークしていることからインが強い印象を受けるが、6コースの3連対率が6コースが60%と比較的高い数値をマークしている。うかつに切ると、万舟券を取り逃すこともあるため要注意である。

市川哲也選手の今後出場予定のレースタイトル

開催期間 会場 グレード タイトル
2019年5月17日

20日
鳴門 トランスワードトロフィー2019
※モーニング
2019年5月30日

6月2日
戸田 第9回スマホマクール杯
2019年6月8日

13日
宮島 開設65周年記念 宮島チャンピオンカップ